設置する作業が大掛かりになりがち

ウォーターサーバーは製品によってサイズが様々で、中には人の身長と同じくらい大きいものがあります。それはしっかりとした安定感を生み出せるというメリットがある反面、設置場所に困るのが弱点です。基本的にウォーターサーバーは正面のみが出ていれば良いので、壁に背中部分を向けて設置します。ただ住宅とオフィスのどちらでも、基本的な内装に使われる家具や什器は、ある程度の隙間を残して整理されているはずです。小型のウォーターサーバーであれば、それをずらしてできた小さなスペースでも設置できるかもしれません。しかし大型だとそうはいかず、大掛かりな内装の変更が不可欠です。なのでお試し感覚で気軽に設置するのには向いていないでしょう。

水の交換作業に力が必要

ウォーターサーバーのメリットのひとつはペットボトル何本分にも及ぶ水をお店から運んでくる手間がないことで、それは大型であっても変わりません。ただ届けてくれるのはあくまでも玄関口のみで、実際の設置は交換の作業は利用者側でしなければならないという場合がほとんどです。水はボトルやビニールに入った形で届けられますが、大型のウォーターサーバーだと当然サイズが大きいです。そして設置する場所はサーバーの上部にあるため、重さにすると数kgになるものを持ち上げなければなりません。その作業は女性など力の弱い人しかいない環境では非常に困難なので、ボトルやビニールが小さいタイプのウォーターサーバーを選んだ方が良いでしょう。

自宅まで水を配送してくれるのが水宅配のサービスです。ウォーターサーバーのレンタルとセットになっているものが主流です。