大型のボトルの方が安い可能性

美味しい水を手間なく飲める仕組みとしてウォーターサーバーがあります。家庭での利用もあれば店舗や会社などで利用するときもあり利用者数に応じてウォーターサーバーの大きさを選択すると良いかも知れません。家族が多かったり店舗や会社での利用を考えるなら大きなボトルをセットできる大型のウォーターサーバーが便利で空いているスペースによっては利用が可能になるでしょう。導入するに当たってはコストがどうなるかですが、ウォーターサーバーにおいては水のボトルが大きく影響し小さいボトルを何度も配達してもらう契約だと割高になってしまいます。大型のウォーターサーバーなら大きなボトルをセットできるので小さいボトルをセットするときよりも水の単価が安くなりコストパフォーマンスが良くなりそうです。

電気代がどうなるかを考慮して導入

ウォーターサーバー利用の契約をするときはどんな費用がかかるのかを比較した方がいいでしょう。まずはサーバーの費用があり購入したりレンタル費がかかったり業者によっては無料のところもあります。費用として大きくなる水の費用も業者で違いがあるのであまり高いのであれば検討から外した方が良いでしょう。その他に忘れがちのコストとして電気代があります。ウォーターサーバーは冷水と温水を常に飲める状態にするために常に電気を使います。大型のウォーターサーバになると小型のタイプに比べると電気代がかかるかもしれません。ただ複数台必要な時に大型であるが故台数が減らせトータルの電気代は節約できるときもあります。省エネ運転機能などがついていれば電気代を抑えられる時もあるでしょう。

水道水とは異なる質の水を利用する場合、店舗で購入すると重い水を自分で運ばなければなりません。その点宅配水であれば、契約しておくと決まったサイクルで玄関先まで持ってきてくれます。